三重県津市の久居運送|物流、引越、トラック、倉庫ならお任せ!愛知県、岐阜県、滋賀県、奈良県、大阪府、京都府中心に全国へ

BLOG

引越における消費者向けQ&A その3

|

2017.02.22

全日本トラック協会による
「引越における消費者向けQ&A」の第3回(最終回)です。

今週は、「引越の後段階」についてです。



◎引越終了後について

Q)引越終了後に行わなくてはならないことは?

A)速やかに全ての箱を開梱し、
荷物の紛失・破損等がないか確認してください。
また、エアコンなどの季節物の機器類についても
必ず動作確認をしてください。

家屋の床や壁にキズ等がないかどうかも確認してください。



◎破損・紛失等が発生した場合

Q)引越の際に荷物を壊された(なくされた)のだが、どう対処?

A)引越荷物の破損・紛失については、
引越作業日から、3ヶ月以内にお客様から申告がないと、
事業者の責任は消滅することとなります。

引越終了後、できるだけ早めに引越荷物の確認を行い、
破損や紛失が発生した場合は、
速やかに事業者に連絡してください。

また高額品については破損や紛失の際に
荷物の金額の証明を求められる場合があります。


Q)家具に傷をつけられ賠償額を提示されたが、
買ったときの金額よりかなり安く納得いかない。

A)破損した場合は、修理が原則ですが、
修理できない場合は事業者が時価相当額で賠償することになり、
購入時からの経過期間をもとに賠償額を算出するのが一般的です。


Q)引越の際に、家屋の床や壁に傷を付けられた。

A)家屋の破損等は引越約款は適用されず、
民法や商法等による損害賠償となります。

荷物の破損等については、
原則として修理等による現状復旧による対応となります。

また、床や壁の傷については、時間が経つと引越作業で付いたのか、
引越後の生活で付いたのかが分からなくなりますので、
引越終了後、速やか(二週間以内くらいを目途に)に確認してください。


引越後














どうぞ、トラブルのない引越をなさって、
気持ちよく新生活を始めてください。



DSCF4614


















「ふっくら専科」


最大積載量4,000kg、
室長7,200の車両を
用意しています。

4トン車ではちょっと重量が……、
標準ボデイでは、

1メートル以上はみ出す
長尺もの荷物

今すぐメールしてください
info@hisaiunsou.com

久居運送株式会社
0120-56-5171
http://hisaiunsou.com

最高の安全と品質、
環境配慮の総合物流会社へ

お問い合わせ・ご応募
お電話またはメールフォームからお気軽にどうぞ!

困ったときは、お客様サポート

「事業内容についてもっと知りたい!」、「求人応募の仕方がわからない」などご不明な点はお気軽にご相談ください。スタッフが丁寧にご案内いたします。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-56-5171
    【受付】平日8時~17時半 採用担当:あさお、すがうち

メールでのお問い合わせ